「アンティークコイン金貨専門のゴールドコイン」で取り扱う商品「【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071」の紹介・購入ページ

【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071
【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071

【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071











 


※【トライアル・ピクス】シリーズについている傷は仕様です。


5ポンド 5ソブリン金貨



重量:39.94g
直径:38.61mm
品位:91.67%金



 

発行枚数:550枚






 

表面デザイン:John Bergdahl

裏面デザイン:John Bergdahl

馬上のエリザベス2世の肖像


王家の紋章




「トライアル・ピクス」(Trial of the Pyx)とは何か?





 

700年以上前に創設された「トライアル・ピクス」は、英国王立造幣局で新しく鋳造された硬貨が、要求された基準を満たしていることを確認することを目的とした、英国における歴史的な司法の儀式です。





このイベントは12世紀にさかのぼる毎年恒例の伝統行事となっています。

歴史的には、この試練は規制の遵守を確認するために硬貨の重量や貴金属の含有量を検査するものでした。





当初は大蔵男爵が監督していましたが、後に造幣局長が関与するようになり、硬貨が定期的にテストされるシステムが構築されました。





このプロセスは時代とともに発展し、1282年にはエドワード1世が令状を発行して、王国全土で「トライアル・ピクス」の試行を命じました。






 

"pyx"はラテン語の「pyxis」(小さな箱)に由来します。





この場合、コインを運ぶのに使われる箱を指し、ヘンリー3世の時代からほとんど変わっていない手順で、1年を通して、鋳造された各デノミネーションのすべてのバッチから無作為にコインを選び、50枚入りの袋に密封し、トライアルでテストするために”ピクス"に閉じ込めます。


今日、「トライアル・ピクス」は、1971年の貨幣法とそれに続く参議院命令によって規定されています。





儀式はロンドンのゴールドスミス礼拝堂で行われ、造幣局の副局長は、硬貨を試鋳する冶金鑑定人や財務責任者とともに、事実上、高等法院の裁判官の前で裁判にかけられます。






 

この手続きは通常、ゴールドスミス・カンパニー、アッセイ・オフィス、王立造幣局、王室債権徴収官などの代表者を含むさまざまな高官が出席するゴールドスミス・ホールでの会議から始まります。






テストされるコインは、年間を通じて王立造幣局で生産されるコインの中からランダムで選ばれることになります。





 

ゴールドスミス・カンパニーの鑑定士で構成される審査員は、2ヶ月にわたってコインをテストする責任を負い、直径、化学組成、重量などの基準が評価されます。





各審査員は、英国王立造幣局から提供されたコインから1枚を選び、そのコインを鑑定します。3ヶ月のテストの後、セレモニーが行われ、最終評決が下されることになります。

ピクスと呼ばれる木製の箱に入れられたコインは、審査員に小包で配られる。各審査員は自分の包みから1枚ずつ銅のボウルにコインを入れ、残りは数えるために木のボウルに入れられます。





銅製のボウルに入れられた硬貨は、金細工職人協会(Worshipful Company of Goldsmiths)によって、金属組成の破壊検査を含む鑑定が行われ、鑑定された硬貨は、鋳造に再利用するために溶解されます。






 

審査員によって数えられたコインの中には、「トライアル・ピクス」の際に扱われたことによる小さな傷がついているものもあり、コレクターに提供されることで、その歴史的意義が増しています。





この機会により、コレクターは貨幣の歴史の一部を所有することができ、これらのコインがロイヤル・ミントの評判を維持する上で不可欠な役割を果たしています。

ピクスの試練の対象となるコインの数は、生産量に応じて毎年異なります。





流通コインに限らず、記念コインや地金コインもテストを受けます。サンプル硬貨は指定された割合で選ばれ、「ピクス」に封入され、年に一度のトライアルのためにロンドンに輸送されます。






 

コインが規格外であることが判明した場合、造幣局長は罰金、罷免、投獄の処分を受ける可能性がある。





しかし、このような処罰を受けた歴史的な例はまれで、1696年にアイザック・ニュートンが関わったケースが最後に知られています。


ロイヤルミントでは女王陛下のプラチナ記念日を祝うため、1977年と女王陛下の最初のジュビリーを振り返る限定セットが作られました。






 

今年で在位70年となるエリザベス2世を祝うロイヤル・ジュビリーは、在位25年のシルバー・ジュビリーから始まりました。






 

在位中の君主を祝うこの式典は世界中で祝われ、現在でもイギリスにとって重要なイベントであり続けています。

ジョージ3世の時代から始まったとされるロイヤル・ジュビリーですが、歴史上在位50年を迎えた英国君主は少なく、ヘンリー3世、エドワード3世、ジェームズ6世がどのようにゴールデン・ジュビリーを迎えたのか、記録はほとんど残っていません。


英国で最も長く君臨する女王エリザベス二世は、世界中で愛され尊敬を集めています。






 

1977年(シルバージュビリー)、2002年(ゴールデンジュビリー)、2012年(ダイヤモンドジュビリー)には重要なジュビリーセレブレーションが行われました。






 

1977年のシルバージュビリーに先立ち、女王はエディンバラ公フィリップ殿下とともに英連邦を訪問する素晴らしいツアーを行いました。






 

イギリスでは、5億人もの人々がテレビでこの祝典を見る中、ストリート・パーティーが開催されました。

2002年、女王在位50周年を記念して、何千人もの人々がザ・モールでカーニバルの雰囲気を味わい、バッキンガム宮殿で行われたポップ・コンサートは、センセーショナルな花火で幕を閉じました。

2022年、女王陛下は、1952年2月6日の即位から70周年を迎え、英国の君主として初めてプラチナジュビリーを祝うという、またとない節目を迎えます。






 

英国王立造幣局は、女王陛下の在位期間中に発行されたすべての公式貨幣を製造してきました。






 

この歴史的な機会を祝うために、ロイヤルミントはこれまでで最大規模のコインコレクションを作りました。


2022年、女王陛下が英国君主として初めてプラチナジュビリーを迎えるにあたり、その70年を記念する王冠を打刻する伝統を継承しています。






 

ジョン・バーグダール氏は、英国で最も経験豊かなコインアーティストの一人であり、プラチナジュビリーの記念品として当然の選択でした。






 

マチンの後を継いで、ジョンはコインの裏表両面のデザインを手がけました。






 

裏面のデザインは、1953年にギルバート・レッドワードRAが制作した戴冠式を彷彿とさせるもので、ホースガードの制服を着て馬に乗る女王陛下が描かれています。






 

しかし、ジョンは、彼の独特のスタイルに忠実に、このデザインをユニークなものにするために、さらなる工夫を凝らしました。






 

「王家の紋章から取ったロイヤルガーターを入れることで、見慣れた馬上の肖像画を差別化することにしました」






 

彼はまたコインの裏面も同様に、歴史上のコインに登場する王家の紋章からインスピレーションを得たとい言います。






 

"過去に目を向け、ウィリアム4世のコインに使われていたと思われる王家のマントの周りを利用しました。"


5ポンド 5ソブリン金貨
重量:39.94g
直径:38.61mm
品位:91.67%金






 

英国最長の在位期間を誇るエリザベス2世の金貨

歴史上初となるプラチナ・ジュビリー






 

「トライアル・ピクス」シリーズは、発行枚数自体がとても少なく市場に出回ることも稀なため、非常に希少性が高いシリーズです。






 

さらに、NGCが「トライアル・ピクス」をスラブ化し、新しいブランドとして売り出しているため、今後さらに「トライアル・ピクス」の人気に拍車がかかることが予想できます。

【トライアル・ピクス】NGC鑑定 グレートブリテン 2022年 プラチナジュビリー 馬上のエリザベス2世 5ポンド 5ソブリン ブリリアントプルーフ金貨 2150770-071

1オンス39.94グラム 91.67%金

製造元:ロイヤルミント

価格1,390,000
1,390,000
価格1,263,636
1,263,636

数量

在庫あり

売り切れ

お気に入りに追加

この商品について問い合わせる