ゴールドコインは、アメリカ金貨イギリス金貨を主に取り扱います。

ゴールドコイン

ご予算に合わせ、投資スタンスに合わせ、またお好みに合わせ、あなたの金貨選びをお手伝いいたします。

お気軽にメール・お電話をください。

東京都公安委員会 第308781408630 株式会社 トレーディングリブラ

お問い合わせ/お申し込みは

商品カテゴリー
最近チェックした商品
お問い合わせ

 : 0120-014633 もしくは090-4420-8332 にご連絡下さい。
メ-ルはこちら

[OWNER]
 
グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3
グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3 グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3

グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき3

1オンス 31.1グラム 99.99%金

発行元:イギリス王室造幣局(イギリス)

1 円(税込)



グレートブリテン-クイーンズビースト-エドワード3世のグリフィン2021年100ポンド金貨オリジナル箱つき

 

1オンス金貨が実際のコインです。

発行枚数500枚

100ポンド金貨
直径32.69ミリ
厚さ 2.7ミリ


重量 31.1g

品位 金 99.99%

1オンスの大型金貨です。

 


表面


1953年6月2日に女王陛下が戴冠された際、ウェストミンスター寺院の入り口で名誉のガードを形成するために10体の彫像が作られました。

クイーンズ・ビースト・コレクションは、英国王政を象徴するこれらの強大な生き物に新たな息吹を吹き込み、シリーズはハノーファーの白馬と続いています。


このビーストはハノーバー家の歴史を象徴するもので、女王の先祖であるジョージ3世も含まれています。




先人たちと同様に、ジョージ3世は古代の紋章を採用し、紋章の中に白馬の紋章を入れています。

このディテールは、コインデザイナーのジョディ・クラークによって作成されたコインの裏表紙で、ホワイトホースが持つ精巧な盾の中に見ることができます。


 


裏面


戴冠式の獣のラインナップの最後を飾るのは、長い歴史と魅力的な象徴性を持つ神話上の生き物、エドワード3世のグリフィンです。

 

グリフィンの起源は古代世界にあり、イランやエジプトの美術品にも登場し、文明そのものと同じくらい古い歴史を持っています。

ライオンとワシの複合体であるグリフィンは、ライオンの体、尾、後ろ足を持ち、ワシの頭、翼、そして多くの場合は前脚を持っています。

獣の王と鳥の王を合体させることで、どちらよりも大きな勇気と力と強さを持った生物が誕生しました。


金の守護者
伝説によると、グリフィンは巨大で獰猛で強力な生き物で、巨大な力を持ち、象や武装した戦士とその馬を乗りこなすことができるとされています。

初期の文明では、グリフィンは魔除けのお守りとして、また神聖なものや貴重なものを守る守護者として使用されていました。

古代ギリシャ人にとって、グリフィンは遠く離れた北方やアジアの砂漠で、金が地下で発見された土地で発見されたもので、グリフィンは金を守り、金から巣を作っていたのかもしれません。

また、ギリシャ・ローマ神話では、太陽神アポロンの召使やシンボルとして登場し、彼の戦車を引く姿も見られた。

 




その後、ローマの作家プリニウスとソリヌスは、以前のアカウントを一緒に描いて、豊富な金と宝石とアジアの地域を書いていますが、グリフィンが鉱山へのアクセスをブロックするため、それは無人だった。


ソリヌスは、グリフィンは非常に危険で恐ろしい存在であると考えていました。それは、グリフィンが純粋に、これらの宝物を盗もうとするような貪欲で軽率な人間を罰するために存在しているかのようだと考えました。


外箱


見張り番
無敵の宝の守護者であり、強欲に対する象徴的な警告でもあるグリフィンについてのこの説明は、後の中世の作家たちに影響を与えました。

驚くべき特徴を持つエキゾチックな鳥であるグリフィンは、これらの作家たちにとって、神の驚くべき創造力の証拠でもありました。

疑うほど王族的で強力なグリフィンは、屋根やドアの上で見られるように、守護者や歩哨としての役割を果たしていました。

他の中世の怪物と同様に、グリフィンの爪や卵には霊的な力や薬の力があり、非常に珍重されていました。


力の組み合わせ
グリフィンはキリストの象徴として解釈され、鷲の部分はキリストの神性を、残りの部分はキリストの生身の人間性を表しています。

政治的なシンボルとして、それは平和と正義のために暴力を示す手段となりました。

このことは、中世後期の憲法が進化したイングランドでは、議会と王が一緒に権力を振るうのを見て、特に共鳴していました。


王室の獣
グリフィンは12世紀以降のイギリスの紋章術に登場し、エドワード3世(1327-77)の獣として初めて王室に仕えました。

彼はベッドのリネンやローブにグリフィンの刺繍を施したことで知られています。

1360年には、赤いグリフィンが刺繍された青のベッド、赤いグリフィンと白いコロンビンが刺繍された緑のベッドを完成させた。

しかし、最も重要なのは、エドワード3世が「グリフィン」と呼ばれる印章を使用したことである。

印章は王室のアイデンティティを表す最も強力で権威ある表現でした。グリフィンをイメージしたこの印鑑は、1354年までの20年間、国王が特定の種類のビジネスに使用していました。




権力とリーダーシップの象徴であるグリフィンは、1377年のエドワード3世の死後も王室のバッジとして使用されました。

1390年の馬上槍試合の後、16人の騎士が現れ、それぞれが赤い盾の上に銀のグリフィンを持っていました。

グリフィンは、1400年以降は王室の獣としては人気がなくなったようですが、1458年頃のヘンリー6世の肖像画には、2羽のグリフィンに支えられた王の紋章が描かれており、後の王室のプレートにもいくつかの例が見られます。


ガーター勲章
何世紀もの時を経ても、グリフィンはエドワード3世を強く想起させます。

中世イギリスの王権の縮図であるエドワードは、ウィンザー城を拠点とするガーター騎士団を創設しました。

1953年の女王陛下の戴冠式では、ジェームズ・ウッドフォードのオリジナルのクイーンズビーストの彫刻の一つとしてグリフィンが登場しました。


エリザベス女王の肖像

両面ともにJody Clark(ジョディー・クラーク)デザインです。

Proof プルーフ仕上
2020年製造


ライオンとイーグルの一部であるグリフィンは、獣の王の特性と空の特性を組み合わせて、どちらよりも強力な生き物を作り出しています。

12世紀以降、イギリスの紋章に登場したグリフィンは、中世イギリスの王権の象徴であり、ウィンザー城に本拠地を置くガーター勲章の創設者でもあるエドワード3世によって王室の地位にまで高められました。


 


エドワード3世のグリフィンがコインにリキャストされたことで、1953年の女王陛下の戴冠式に登場した10体のヘラルディックビーストのラインナップが完成しました。

著名なアーティスト、ジョディ・クラークは、このコレクションの特徴であるファンタジーとリアリズムを融合させたドラマチックなデザインで、この雄大な生き物のパワーをとらえています。

限定版のゴールドとシルバーのプルーフ版、ブリリアント・アンサーキュレーション版で入手可能な女王のビーストは、何世紀にもわたる王室の歴史の中で描かれた先祖代々のクリーチャーたちの手ごわいファランクスとして、今では一つにまとまっています。


発行枚数が少なく、1オンスプルーフで英国製と人気が出そうです。
純金製である光沢が素晴らしいです。


 

ロイヤルミントで即完売の1オンス純金プルーフ金貨です。
大人気の絵柄の高貴なエドワード3世のグリフィンです。


 

箱付きですが外箱には擦れ、傷、へこみがありますのでご了承ください。

Copyright © アンティークコイン金貨専門のゴールドコイン All Rights Reserved.
このサイトに記載されている記事・写真・図表などの無断複製・無断転載を禁じます。