【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032
【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032



グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス
200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAM
ファーストデイオブイシュー 箱付き


 


世界の大都市は、人類共通の象徴的なランドマークによって特徴付けられています。


 

私たちの新しい「シティビュー」シリーズは、これらの建築物の息を呑むような景観を称え、その遺産を次の世代に残すものです。


 

このコインシリーズは、数年にわたり、世界中の都市をモチーフにしたデザインで展開されます。


このシリーズは、ユネスコの世界遺産に登録されているロンドン塔をモチーフにしたコインから始まります。


 

ウィリアム征服王が自らの権力を誇示するために建設したこの堂々たる石造りの要塞は、1000年以上にわたってロンドンのスカイラインを支配してきました。


 

裏面のデザインは、ボヘミアの画家ヴァンセスラウス・ホラー(1607-77)の作品から引用されたもので、ロンドンの重要な歴史的記録を形成しています。

 




200ポンド金貨
重量62.42グラム

直径40ミリ

 

99.99%金


発行枚数250枚

NGC社鑑定済み トータル102枚  70グレード ファーストデイオブイシュー81枚 です。


 

トップグレードです。


デザイナー TRM Design Department


ボヘミアの画家ヴェンセスラウス・ホーラー(1607-77)の作品は、ヨーロッパの歴史の激動期と重なり、「街の風景」シリーズのロンドンコインのために作られた裏面デザインにインスピレーションを得ています。

 

プラハに生まれたホラールは、1620年の三十年戦争でプラハが略奪され、プロテスタントの一家は廃墟と化した。


 


1627年、ホラールはドイツに渡り、いくつかの都市で働き、やがて法律家の訓練を放棄して、当時傑出した彫刻家の一人であったマッタウス・メリアンに弟子入りすることになる。

 


1636年、美術品収集家として知られる第21代アランデル伯爵トーマス・ハワードが外交使節としてケルンを訪れた際、ホラールの技術と作品が貴族の目に留まり、一緒にロンドンに戻るように招待された。


 

伯爵は芸術を積極的に支援する裕福な人物であり、ホラールはこの機会を捉えて戦乱のドイツから逃れたのである。


翌年、ロンドンに到着したホラールは、ストランドとテムズ川の間にあるアランデル・ハウスに滞在し、首都はすぐに彼のお気に入りのテーマとなった。

 


ロンドンに到着して数年後、イギリス内戦が勃発し、ホラールは王党派として戦いに参加することになり、彼のキャリアは中断された。


 

その後、アントワープで数年間を過ごし(1644-52年)、絵画とデッサンを続けた。この地で1647年に制作された傑作『バンクサイドからのロンドン遠景』は、史上最も美しいロンドンのパノラマ写真のひとつとされている。


サザークのセント・メリー・オーバーの塔から制作されたこの作品の下絵は、当然ながら間違いがなかったわけではありませんが、ホラールは自分のデザインが可能な限り正確であることを確認するために、多大な努力を払いました。


 


1666年の大火で、ホーラーが作品に描いたものの多くが焼失してしまったため、今日、バンクサイドから見た「ロンドンの遠景」は、ロンドンの重要な歴史的記録となっています。



この間、1649年には「プラハの大観」を完成させている。



 


1652年にロンドンに戻ったホラールは、本の挿絵を手がけ、大火後のロンドンのパノラマや、タンジール、エジンバラなどさまざまな都市の図版を制作している。


 

また、タンジールやエジンバラなどの都市を描いた版画も制作した。


 

残念ながら、ホラールはその才能と作品にもかかわらず、貧困の中で亡くなり、ウェストミンスターのセント・マーガレット教会に眠らされました。


今日、彼の作品は、17世紀のヨーロッパの生活を視覚的に記録した素晴らしいものであり、ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーやテート・ブリテン、ニューヨークのメトロポリタン美術館など、世界中の一流美術館やギャラリーに飾られている。


 

彼の描いたロンドンの街並みは、その歴史的意義とともにコインの魅力的な題材となっており、当社のプロダクトデザインチームがミニチュアで美しく表現しました。



ロンドンは、世界有数の金融と文化の中心地であり、その歴史は数千年にまで遡ります。


 

ペスト、火事、砲撃などを乗り越え、常に進化を続け、新たな価値を生み出してきたのです。


 

ロンドン塔は、1000年以上にわたってテムズ川のほとりに建ち、何世紀にもわたる変化の中で常に存在感を示してきました。


 


マグナ・カルタ
1070年代、征服者ウィリアムは、自らの権力の象徴としてロンドン塔を建設した。



 

威圧的で堂々としたこの塔は、彼の新しい臣下を恐怖に陥れ、反乱の考えを抑制することを目的としていた。


 


しかし、それからちょうど100年後、ジョン王の不人気な支配に対して男爵たちが公然と反乱を起こし、守備隊は包囲されることになる。


 

1214年、反乱の指導者の一人ロバート・フィッツウォルターは軍隊を率いてロンドンに入り、塔を包囲した。この状況は、王がマグナ・カルタ(王権を制限する文書協定)に署名して初めて解決された。


 


農民の反乱
1381年、課税と農奴制をめぐる争いが農民の反乱を引き起こした。

この反乱はエセックス州で始まり、すぐにケント州に広がった。


 


反乱軍は戦術を練り、ロンドンに進軍して要求を示し、ロンドンを焼き払い、略奪し、ロンドン塔も攻撃した。最初の会談が失敗に終わった後、王であるリチャード2世は農民のリーダーであるワット・タイラーと再び会談することに同意した。


 


しかし、王の前でのタイラーの横柄な態度に激昂したロンドン市長ウィリアム・ウォルワースは、タイラーを剣で殺害してしまった。


 

この事件後、反乱は収まり、タイラーの首は今後の反乱を抑止するためにポールに掲げられた。


ロンドン大火
17世紀、ロンドン塔の周辺は大災害に見舞われた。



 

1660年代、ロンドンの人口は約35万人に達し、ヨーロッパでも有数の大都市となっていた。





茅葺き屋根の木造家屋が密集し、小屋や庭には干し草や藁が敷き詰められ、建物はピッチと呼ばれる燃えやすい物質で覆われているのが主な居住環境であった。


 

1666年9月2日、プディング・レーンのパン屋から火災が発生した。


東からの強風にあおられ、あっという間に燃え広がった。

 

日記作家のサミュエル・ペピスは、国王(チャールズ2世)までもが消火にあたったことを記している。


 

建物の破壊が進み、最終的に家から家への延焼は止まったが、甚大な被害と人命が失われた。


 

合計で13,200戸の家屋と87の教会が焼失したが、ロンドン塔はその巨大な石壁のおかげで無傷であった。


 


第一次世界大戦と第二次世界大戦
1914年、イギリスが戦争に突入すると、近隣の会社で働く男たちはロンドン塔に入隊し、堀で軍事訓練を受けることもあった。



 

国内の軍隊が動員されると、塔に守備隊が編成され、フランスの前線に出発した。


 


第二次世界大戦中、弾幕気球はロンドンのスカイラインの象徴的な存在でした。


 

低空飛行の航空機に対抗し、空からの攻撃を防ぐために作られたこの気球は、タワーも含め、街中に張り巡らされていた。



地上では、農務省がイギリスの食糧を確保するために行った「ディグ・フォー・ビクトリー」キャンペーンの一環として、タワーの堀は野菜畑になりました。

 


肖像面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

首の部分のJ.Cのイニシャルが入ります。






Jody Clark

生年月日: 1981年3月1日

エリザベス2世の第5番と最新の肖像画をデザイン



画像は2015年のモデルです。
http://agaunews.com/after-18-years-the-coin-effigy-of-queen-elizabeth-ii-changes-to-the-fifth-incarnation/より


引用


NGC社鑑定済み

トップグレードファーストデイオブイシューです。

発行枚数:250枚

重量62.42 グラム、直径40.00ミリという重厚感と、その優れたデザインから大変人気な2オンス金貨です。

動画と画像は同グレード個別番号6380686-032です。

 


【動画あり】グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 純金2オンス200ポンドプルーフ・都市景観金貨 NGC-PF70UCAMファーストデイオブイシュー箱付き 6380686-032

62.42グラム 99.99%金

製造元:イギリス王室造幣局

価格1,480,000
1,480,000
価格1,345,455
1,345,455

数量

在庫あり

お気に入りに追加

この商品について問い合わせる