ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62
ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62
ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62
ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62
ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62
ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62

ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世
都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62



 



98.6%金 銀その他 3.5グラム

統治者 フランツ1世



表の文字 Obverse Legend: FRANCISC • - D • G • R • I • S • A •



裏            City view


発行枚数 不明 

基準価格 


VF20 1,350ドル
XF40 2,250ドル

 




フランツ1世(ドイツ語: Franz I., 1708年12月8日 - 1765年8月18日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1745年 - 1765年)


ロレーヌ(ロートリンゲン)公(フランソワ3世エティエンヌ (François III Étienne)またはフランツ3世シュテファン(Franz III. Stephan)


1729年 - 1737年)、トスカーナ大公(フランチェスコ2世(Francesco II)、在位:1737年 - 1765年)


 

全名はフランツ・シュテファン・フォン・ロートリンゲン(ドイツ語:Franz Stephan von Lothringen)。


ハプスブルク=ロートリンゲン朝の最初の皇帝である。


マリア・テレジアの夫であり、この婚姻により帝位を継承するが、自身が領していたロレーヌ(ロートリンゲン)公国はフランスへ譲らなければならなかった。

 

2人の間にはヨーゼフ2世、レオポルト2世、マリー・アントワネットなど16人(男子5人、女子11人)の子が生まれた。

 


在位 1745年9月13日 - 1765年8月18日
戴冠式 1745年10月4日



別号 ロレーヌ公
バル公
トスカーナ大公
テシェン公



出生 1708年12月8日
神聖神聖ローマ帝国
ロレーヌ公国、ナンシー


死去 1765年8月18日
神聖 神聖ローマ帝国



チロル伯領、インスブルック
配偶者 マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ



家名 ロレーヌ家



王朝 ハプスブルク=ロートリンゲン朝
父親 ロレーヌ公レオポルト・ヨーゼフ
母親 エリザベート・シャルロット・ドルレアン


PCGS社鑑定コイン5枚

MS62はトップグレード残存4枚です。

 

神聖ローマ皇帝、ハプスブルク家、王様肖像、都市景観と人気要素満載の逸品です。


 

2022年の3月のキュンカーオークションでほぼ同型のNGC社MS63が262万円で落札されています。


 

同オークションで他にも2型、289万円、299万円と落札されており、この都市景観シリーズのダカット金貨は人気が高いです。

ドイツレーゲンスブルク神聖ローマ皇帝フランツヨーゼフ1世都市景観ダカット金貨1745-1765-PCGS-MS62

重さ3.5グラム 98.6%金 銀その他 

製造元:オーストリア

価格1
1
価格1
1

数量

在庫あり

売り切れ

お気に入りに追加

この商品について問い合わせる

Related Items関連商品