ゴールドコインは、アメリカ金貨イギリス金貨を主に取り扱います。

ゴールドコイン

ご予算に合わせ、投資スタンスに合わせ、またお好みに合わせ、あなたの金貨選びをお手伝いいたします。

お気軽にメール・お電話をください。

東京都公安委員会 第308781408630 株式会社 トレーディングリブラ

お問い合わせ/お申し込みは

商品カテゴリー
最近チェックした商品
お問い合わせ

 : 0120-014633 もしくは090-4420-8332 にご連絡下さい。
メ-ルはこちら

[OWNER]
 
グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き
グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き

グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き

91.67%金39.94グラム

発行元:イギリス王室造幣局(イギリス)

1 円(税込)



グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付き



 





 

『トライアル・オブ・ザ・ピクス』コイン (グレートブリテン)

たくさんのセレモニーの中でも、『トライアル・オブ・ザ・ピクス』は、イギリス諸島で最も時間をかけて確立された司法手続きの1つです。その歴史は700年以上前にさかのぼります。


毎年行われるトライアル(裁判)は、ロイヤルミント(英国の王立造幣局)が正確さと精度において、世界中で尊敬される理由の1つです。


ロンドンの歴史的なゴールドスミスホールで開催されるこのトライアルでは、陪審員がコインの重量、直径、金属組成、全体的な品質を調査しています。


今日のトライアルのプロセスは、エドワード1世以前の時代にさかのぼります。コインは鋳造された各バッチからランダムに選択され、ウェストミンスター寺院の『ピクス』チャンバーから名前が付けられた『ピクス』ボックスに保管されます。


コインはもともと、さまざまな重要な状態のアイテムとともに、チャンバーに保管されていました。
 

これらは『トライアル・オブ・ザ・ピクス』で使用されている実際のコインです。つまり、イギリスの貨幣とロイヤルミントの豊かで魅力的な歴史と直接つながるチャンスを意味しています。


トライアルのプロセスの性質上、処理、計量、測定などが行われたため、各コインは唯一無二であり、全く独自の特徴を備えているサインがあるかもしれません。


 

入手できるコインはほとんどないため、すぐに売り切れてしまう可能性があります。


『トライアル・オブ・ザ・ピクス』とは何?

全英で最も長い間確立された司法儀式の1つとして、『トライアル・オブ・ザ・ピクス』は豊かで魅力的な歴史を持っています。

『トライアル・オブ・ザ・ピクス』– はじまりは1282年

全米で最も長い間確立された司法儀式の1つとして、『トライアル・オブ・ザ・ピクス』は豊かで魅力的な歴史を持っています。それは、国の貨幣の質と正確さを保証することを目的として、イギリスの最も古い組織と省庁のいくつかと結びついています。

 

セレモニーには、国税局長(または指名された代表者)、金融指導者、ロイヤルミントの代表者、および一般にゴールドスミス社と呼ばれる『ワーシップフル カンパニー オブ ゴールドスミス』の名誉市民が参加します。


『ピクス(pyx)』という単語は、ラテン語の『pyxis』または小さな箱に由来します。この場合は、コインを運ぶために使用される箱を指します。

ヘンリー3世の治世以来ほとんど変更されていない手順で、年間を通じて、コインは打たれた各貨幣額面のすべてのバッチからランダムに選択され、50のバッグに密封され、トライアルでのテストのためにピクスボックスに施錠されます。

 



これらの金と銀のトライアルプレートは1477年以降のもので、ロイヤルミントの歴史の重要な一部です。

 


『ピクスパケット』は箱(チェスト)から取り出され、陪審員の各メンバーはランダムに1枚のコインを選択し、それらをテストのために、前のに置かれたセレモニー用の銅のボウルに入れます。

 

セレモニーに続いて、トライアルは、コインを計量し、測定が行われ、使用される金属の組成がテストされるアッセイオフィス(検査局)に移動します。


 

各コインは、Coinage ActまたはRoyal Proclamationの関連セクションに記載されている仕様を満たしていることをチェックされます。

 


すべてのコインが検査され、検査局は、ロイヤルミントがすべての要件を満たしているかどうかを確認したら、トライアルの法廷はセレモニーの約3か月後にゴールドスミスホールで再召集されます。
 

『トライアル・オブ・ザ・ピクス』の最終段階では、検査局の評決が陪審員に提供され、シニアマスターとクイーンズリメンブランサーの指示でゴールドスミス社の書記が声に出して読みます。
 

※シニアマスターとクイーンズリメンブランサーは、ヘンリー2世によって1154年に作られた古来の地位(そして現存する最も古い司法の地位)です。

 



トライアルの中世の手順は、壮大なセレモニーの過去から現在に生き生きと継承されています。

ロンドンの『ワースフルカンパニーオブゴールドスミス』の豪華な環境、陪審員が着用した司法衣、古代の木製の箱、セレモニー用の銅のボウル。

セレモニーの各場面の感覚が、このコインそのものに染み込んでいるようです。


陪審員が扱うそれぞれのコインは、完璧な対応物とは一線を画すセレモニーの感覚に満ちています。これらは、ヘンリー3世の時代から変更されていない厳格なプロセスを受けてきた実際のコインです。

 

すべての傷は、今日でも存在する最も古く、最も厳密な造幣品質プロセスの厳しさを物語っています。

 




トライアルプレートに焦点を当てながら、ロイヤルミント博物館シリーズの話を続けます。

 

造幣は始まったときより、重量と構成の正確さは、その完全性と社会の信頼性のために不可欠でした。

 

ロイヤルミント博物館では、造幣のこの側面、一つには、1477年にさかのぼる壮観な一連の金と銀のトライアルプレートによって知ることができます。

 

博物館コレクションの金のトライアルプレート


少なくとも13世紀以降、ロイヤルミントによって生産されたコインは、テストのためにサンプルコインを保管しているピクスまたは箱からその名前が付けられた、『トライアル・オブ・ザ・ピクス』と呼ばれる手順で独立してチェックされています。

 

裁判は毎年召集され、上級裁判官である女王のリメンブランサーが主宰し、ロンドン市のゴールドスミス社が提供するフリーメンオブカンパニーの陪審員により実施されます。

陪審員はサンプルコインを数え、計量し、測定して、法律で許可されている許容範囲内であることを確認します。

その後、コインは、試金法として知られているプロセスで、金属の組成品質を決定するためにテストされます。

分析されたコインの細かさおよび金属の組成は、公式のトライアルプレートの金属と照合され、法律で要求される基準を満たすために同じかより高い品質である必要があります。

『トライアル・オブ・ザ・ピクス』はゴールドスミスのホールで行われます


約2〜3か月の間隔の後、陪審員の最終評決はロイヤルミントのマスターまたはその代理の前で女王のリメンブランサーに送られます。

一般市民は裁判に出席することが許可されていますが、評決は密室で行われます。

以前はミュージアムコレクションで最も初期のトライアルプレートと考えられていたインゴットの形をした銀片


現存する最も早いトライアルプレートであるという議論は長年続いており、この銀片が実際にトライアルプレートなのか、それとも他の目的のためのものかという点の議論です。

表面に刻印された印象に基づくと、この銀のインゴット形状の作品は、1279年頃のものであると言うことができます。

実際、トライアルプレートとの関係を直接に示唆しているのは、コイン型からの刻印です。ただし、その寸法と全体的な外観はかなり異なります。

トライアルプレートは通常、サンプルを簡単にカットできる薄い金属のシートで、厚さが0.5インチを超える、問題のこの銀片はコレクションの他のトライアルプレートとは異なります。

現在の考えでは、それは何らかの形のインゴットと見なされるべきであり、その正確な機能はまだ正確には決まっていません。

 

1542年の銀のトライアルプレート


コレクションのトライアルプレートは、それ自体が美しいオブジェクトであることに加えて、時代の経済的および社会的歴史を教えてくれることがよくあります。ここに示されているものは、ヘンリー8世の代から来ています。

彼は国民生活の多くの側面に影響を与えることで有名であるだけでなく、お金を調達する方法として質を下げた貨幣に彼の汚点を残しました。

特に銀は傷つき、細かさが著しく減少していることが、コインに証拠として残るっているだけでなく、当時のトライアルプレートにも残っています。


800未満の純度このトライアルプレートは、シルバーの基準である925の貨幣純度よりもはるかに低く作られ、どの程度質を落とす準備が整えられていたかを示しています。


希少な『トライアル・オブ・ザ・ピクス』コイン

 

700年以上にわたり、私たちが生み出したすべてのコインは、伝統と儀式が染み込んだ厳格な裁判にかけられてきました。

 


『トライアル・オブ・ザ・ピクス』は、ロイヤルミント(王立造幣局)で行うすべてのことに影響します。


700年以上にわたり、私たちが生み出したすべてのコインは、伝統と儀式が染み込んだ厳格な裁判にかけられてきました。


しかし、裁判は単なるショー以上のものです。


王立裁判所の女王のリメンバランサーによって監督され、国で最も長い間確立された司法慣行の1つです。


裁判の名前『トライアル・オブ・ザ・ピクス』はコインが運ばれるピクスボックスに由来しています。
ボックスは、ウェストミンスター寺院のピクスチャンバーから名前が付けられます。
 

何世紀もの間、テストのために取っておいたコインの箱がここに保管されていました。
また、試験の少なくとも一部がチャンバー内で行われたという証拠もあります。
 

部屋の石のテーブルは現在、祭壇と混同されがちですが、実際には銀のテストに使用されていました。


最近では、ピクスボックスは英国で最も安全な場所の1つであることを誇るロイヤルミントに保管されています。


何世紀も前の箱と同じように、現代のピクスボックスは木で作られています。

 

「私たちは、必要なすべてのサンプルをカバーするのに十分な容量を確保するために、木製の箱の蓄えを持っています」と、ロイヤルミントの品質システムマネージャであるグインロバーツは説明します。


「各ボックスには独自のロックがあり、品質部門のみがキーにアクセスできます。」

鍵自体は、ほんの一握りの個人だけがアクセスできる安全で盗難防止装置を施した部屋に保管されます。


品質部門のメンバーは、記念、流通、または貴金属の地金のコインであっても、ランダムなサンプルが生産されたコインの各バッチから確実に取り出されるようにします。


正確にいくつのサンプルが引き出されるかは、問題の起きやすいコインや使用されている金属によって多少異なります。


銅ニッケルとニッケル黄銅で作られたバイメタルコインの場合、製造される10,000個ごとに1つのサンプルコインが引き出されます。

 

白銅ピースの場合、20,000コインを生産するごとに1つのサンプルが取り出されます。
金貨の場合、10,000個ごとに1つのサンプルです。銀貨の場合、製造された15,000個ごとに1つのサンプルを取ります。

もちろん、ロイヤルミントは大量のコイン(33億枚以上のコインを世界中に流通するために)を生産するため、
これらのサンプルはすぐに追加されます。たとえば、今年、ロイヤルミントは16,000枚以上のコインを裁判に運んでいます。


造幣するコインの需要(特に流通するコイン)は、年ごとにかなり異なります。
ロイヤルミントが5万枚ものコインを1871年から裁判が開催されているゴールドスミスホールに運んでいるというのは、ない話ではありません
 

それらのコインの一定数を分析して、それらの金属含有量が各仕様を満たしていることを確認します。


いわゆる「破壊テスト」を受けたコインの一部は溶かされ、将来のコインでそれらの金属が再利用されます。


陪審員によって処理されたコインの大部分は、ロイヤルミントの保管庫に戻され、カタログ化されます。


ロイヤルミントがコレクターや愛好家に歴史の一部を所有する機会を提供するのは、これらコインです。

 


『トライアル・オブ・ザ・ピクス』の厳しい基準にさらされたさまざまなコインは、それぞれが異なる方法で処理されたという点で唯一無二です。


陪審員の指によるしみがある場合もあれば、小さな傷がある場合もあります。


ただし、それぞれの小さな欠陥は、歴史におけるこのコインの大切な役割を示しています。
ロイヤルミントの使命の基盤となる、何世紀にもわたる品質の伝統で役割を果たしてきたのが、正にこのコインです。

 

コインの多くは比較的少ない枚数で提供されることに注意してください。
場合によっては、1枚しか入手できないことがあります。
そのため、コインはすぐに売り切れてしまう傾向があります。



デザイナー Timothy Noad ティムノアドです。

TNのロゴが入ります。

 



ティムは30年以上、書道家、照明器具、紋章のプロとして活躍してきました。

 

彼はエレガントで細心の注意を払った作品で国際的な評価を得ており、伝統的および現代的な技術と素材の両方に関する徹底的な知識と、紋章学、象徴主義、歴史的様式、自然史の深い理解を組み合わせています。

 



ロンドン中心部の西にあるミドルセックスを拠点とするティムは、主にカーフスキンのベラムをベースにした、書道や照明付きの正式な文書や巻物を専門としています。


ティムは1986年にライゲートスクールオブアートでファーストクラスの卒業証書を取得して以来、ロンドンのHMカレッジオブアームズで働いています。

 



ここで彼は、腕と血統の付与と王立ビクトリア朝注文の失速皿など、さまざまなクライアントと目的のための紋章のデザインのペイントと執筆を担当しています。

 



特に紋章については、ティムの作品の画像が頻繁に掲載されているウェブサイトwww.collegeofarms.gov.ukを介して、
カレッジオブアームズのヘラルドインウェイティングに連絡してください。


 

ティムは、貴族院のHMクラウンオフィスの書記でもあり、
多くの重要な書簡特許を実施しています。

 



これらは、エリザベス2世女王によってまたはその代理として発行された公式文書であり、ライトアップされたロイヤルチャーターズ、貴族院と最高裁判所への任命、およびウィリアム王子とキャサリンミドルトンの結婚に関する陛下の同意を含みます。

 


Four Generations of Royalty
ロイヤルミントは、王室との特別な関係を楽しんでおり、国民の生活の中で重要な節目を迎えています。

 

2018年は、多くの思い出に残る王室の機会で思い出されます。

私たちはこれらの幸せなイベントを楽しんでいるとき、私たちと時間を共有するために集まった4世代の王族を祝います。

 

ケンブリッジのジョージ王子殿下が洗礼を受けたとき、国は特別な機会のために団結した王室の4世代が続くのを見て喜びました。

 

この瞬間を表すために、女王陛下、息子のプリンスオブウェールズ王妃、孫のケンブリッジ公爵、そして孫のジョージ王子が初めてイギリスの公式コインで一緒に表彰されました 。

 

君主制に対する国民の愛
ケンブリッジのジョージ王子殿下が洗礼を受けたとき、国は幸せな機会のために集まった王室の4世代を見て喜んでいました。


 

それは女王陛下の長くて幸せな統治のしるしでした。

 

この瞬間は、ウィンザー王朝の安定性、経験、そして約束を象徴するものであり、100年以上の間に初めて4世代にわたる王室が誕生しました。

 



表面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

首の部分のJ.Cのイニシャルが入ります。

 

Jody Clark

生年月日: 1981年3月1日

エリザベス2世の第5番と最新の肖像画をデザイン

画像は2015年のモデルです。

http://agaunews.com/after-18-years-the-coin-effigy-of-queen-elizabeth-ii-changes-to-the-fifth-incarnation/より引用

 

5ポンド(5ソブリン)金貨
重量 39.9400g
品位 金 0.9170

直径38.61ミリメートル


発行枚数500枚


 



A4サイズのブックケース
 


カラーの小冊子、とても素晴らしいです。入手した人のみが見ることが可能です。

 



手書きサイン入りの証明(こちらはサファイアコロネーションのものを掲載しています)


グレートブリテン-トライアル・オブ・ザ・ピクス2018年エリザベスII世4ジェネレーション5ポンドプルーフ金貨ブック付きは

わずか9枚です。

Copyright © アンティークコイン金貨専門のゴールドコイン All Rights Reserved.
このサイトに記載されている記事・写真・図表などの無断複製・無断転載を禁じます。