ゴールドコインは、アメリカ金貨を主に取り扱います。

ゴールドコイン

ご予算に合わせ、投資スタンスに合わせ、またお好みに合わせ、あなたの金貨選びをお手伝いいたします。

お気軽にメール・お電話をください。

東京都公安委員会 第308781408630 株式会社 トレーディングリブラ

お問い合わせ/お申し込みは

商品カテゴリー
最近チェックした商品
お問い合わせ

 : 0120-014633 もしくは090-4420-8332 にご連絡下さい。
メ-ルはこちら

 
【動画あり】プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り 【動画あり】プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り
【動画あり】プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り 【動画あり】プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り

【動画あり】プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り

直径32.7ミリ 重さ31.1グラム

発行元:アメリカ財務局(アメリカ)

1 円(税込)


 今から、プラチナコイン投資について、絶対に知らねばならない
 7項目の全てを初めて明かします。
 
 私があなたにお伝えすることは
 
※ なぜプラチナ資が他の投資に比べて良いかの理由3か条 


※ 新しい技術を支えるプラチナの特徴

※ 少ない生産量はわずか4,720トン

※ 53年間で8倍、1年あたり15%もあがる物価の恐ろしさとは?

※ アメリカ政府が保証しているプラチナイーグルコインの特徴

 プラチナコイン投資の信頼できる長所の6項目 とは? 

※ プラチナコイン投資の実践にあたっての4つの注意点とは?
 
 などになります。 
 
 一つでも気になることがあれば、今すぐに読んで答えを手に入れて
 ください。
 


なぜプラチナコイン投資が
他の投資に比べて良いかの理由3か条

不動産投資には、費用が大きいということと換金性が低いという
デメリットがあります。


また、日本だと土地の値下がりリスクや、地震の問題もあります。
 

株やFXは、順張り相場だと勝ちやすいですが、欲をかくと元金まで
無くす可能性があるのと、自動売買等でも勝手に取引を止めてしまっ
たりする人が多いです。
 

プラチナコイン投資では、確実にプラチナの地金分の価値はあります。
もちろん、プラチナの値上がりに合わせてその値段も上がります。

一部の発行年度は、発行枚数とグレードにより通常年度の3〜4倍の
値段の物もあります。


現在は世界的にお金(貨幣)をじゃぶじゃぶに印刷しているため、
お金が余っています。

これらは、過去の歴史からもみてもインフレになる確率が高いです。

インフレになれば、値上がりするものは、土地・株・金(プラチナ)
と言われています。

ただし、土地は急な出費に換金性がとても低く、叩き売らないと処分
出来ない可能性があります。

株は銘柄選びが難しく、倒産すればゼロになる可能性もあります。
 
土地も株もFXもファンドも、プラチナ投資のメリットには勝てません。

プラチナの価値は金(ゴールド)よりも常に高く、金の価値があがれば
プラチナの価値もあがります。

プラチナコイン投資のメリット

1.換金性が高い
2.インフレに強い
3.プラチナとしての価値は世界共通であり、その価値が目減りしづらい

 



新しい技術を支えるプラチナの特徴

稀少性が高く、美しい輝きを持つプラチナは、指輪やブレスレットなど
宝飾品として高い人気をもっていますが、実は投資対象としても注目を集めはじめています。

世界的にプラチナは宝飾用以外に約60%が工業用として利用されていて、
科学、コンピュータ、医療、バイオ等幅広い分野で使われています。

また、無公害燃料電池、自動車の排気ガスを抑える浄化触媒など、地球環境保護のための最先端技術にも利用され、未来産業に不可欠なレアメタル資源としての役割もあります。


 

少ない生産量はわずか4,720トン

プラチナは、はるか遠い昔に地球に飛来した隕石によってもたらされたとの
説が有力となっており、採掘量がとても少なくその稀少性は、金をはるかに凌いでいます。

世界のプラチナの2013年の年間供給量は175トンで、金の年間供給量
約4,000トンの約1/23です。

また、プラチナの総生産量は、推定約4,720トンで、これは一辺が6m
四方の箱に納まる大きさであり、トータルでも、金の約1/34しか生産されていません。

採掘地のほとんどが、供給量の約92%の南アフリカ(75%)とロシア(17%)の2ヵ国で、金よりもさらに特定の地域に偏在しています。

含有量も、原鉱石10トンから約30g(1オンスのコイン1枚分)しか採取できないという、非常に希少価値の高い貴金属がプラチナです。

10トンからコイン1枚とは、本当に稀少だと思います。



基本・物価は上がり続けます
だからこそ、一般庶民の生活は楽になりません!!


消費者物価指数を見れば一目でわかります。

1997年から物価はほぼ横ばいですが、これは日本のいわゆる失われた
20年というバブル崩壊後のデフレ状態です。

それでも、単純計算で53年間で物価は8倍になっています。
800%です。

800÷50=15% 1年あたりに15%ずつ値上がりしています。


これは、現金を持っていると、年間15%ずつ価値が減るということです。

1950年に1万円で物を買っていたとしたら、2013年には1,250円分の物
しか買えません。
 


一般の人が金持ちにならない理由は、実はここにあります。


図はgarbagenewsより引用



円ベースでの金の値段の推移チャートです





金とプラチナの価格チャート


ちょっと小さくて見づらいですが、上の図が37年間の円換算の金の
価格チャート、下が1982〜2012年の金とプラチナのチャートです。 

この上の図を見るコツは、ドル円の価格を見ることが秘訣です。

チャートの高い部分から、低くなる1976年〜1996年までは一転して
円高傾向
です。


つまり、この時は、円が高くなるのでその分たくさんの金が買えた
ということになります。 


2005年には金投資自体のトレンドが世界的に始まったので、金の価格が
上がり始めました。

リーマンショック後に一度大きな調整がありますが、上昇トレンドは
終わっていません。


2000年の1グラム836円から、2013年7月では4,500円で13年間で
約5.38倍に値上がりしています。

538%の値上がりです。


1991年〜2011年の失われた20年の期間の値上がりでも1,600円
から3,750円と約2.34倍


234%の値上がりです。

単純に預金していても、20%もお金は増えていません。


銀行に、郵便局にたくさんのお金を預けることは、インフレ・物価上昇
に対して、全く意味がありません。

このインフレ・物価上昇に金投資が優れているかがわかると思います。

金とプラチナのチャート図を見れば、金とプラチナの連動性がわかると
思います。


図はドットコモディティ株式会社のチャートを引用
 



米ドルベースでの金の値段の推移チャートです


こちらの図はドル換算の金のチャートです。
 
1978〜1980年は第二次石油危機・イランのアメリカ大使館襲撃・
ソ連のアフガン侵攻・イラン・イラク戦争開始など、地政学的リスクによる
有事の金買いで価格があがりました。

その後1985〜1998年もたくさんの出来事がありましたが、そこはほぼ
横ばいです。 

出来事は、1985年プラザ合意・1988年ブラックマンデー・
イラン・イラク戦争終結・1991年湾岸戦争・ソ連崩壊 
1994年メキシコ債務危機 1998年ロシア金融危機などです。


2001年の911テロ・2003年のイラク戦争から値上がりを始めます。


日本のペイオフ解禁 2004年〜2005年あたりから、金ETFという
証券化の金投資が始まり、ここから急激に金の値段があがり始めます。



また、世界各国の金融緩和と中央銀行の金買いがこれを加速させました。


つまり、世界的金余りから、世界インフレの傾向が見てとれます。


米ドルベースでの金価格の上昇、つまり金の価値の上昇は見た通り
です。

これだけ、金というものは価値が高いのです。


当然ながら、金とプラチナの価格は連動しています。


図はドットコモディティ株式会社のチャートを引用



アメリカ財務局が保証している法定貨幣である
プラチナイーグルコインとは?

 

上が通常仕上げで、下がプルーフ仕上げ(鏡面仕上げ)です。
プラチナイーグルはMS(通常仕上げ)の方が価値が高いです。

Designer  John M. Mercanti/Thomas D. Rogers
99.95% プラチナ
 

 1 オンス 100ドル
1/2 オンス  50ドル
1/4 オンス  25ドル
1/10  オンス 10ドル

直径 32.7ミリ 重量 31.12グラム
直径 27.0ミリ 重量 15.56グラム
直径 22.0ミリ 重量  7.78グラム
直径 16.5ミリ 重量  3.11グラム

プラチナイーグルコインは、アメリカ財務局が保証している、ドル表記の
ある正式なアメリカの法定貨幣です。


先進国最大の国家であるアメリカ合衆国は、世界の基軸通貨であるドル
を持ち、その国家の力は圧倒的です。


現在はシェールオイルの発掘により、中東からの石油の輸入も不要と
なりつつあります。


今後は世界に石油を輸出する国になり、また中東の石油が不要となる
為、軍備を置く必要もなくなります。

経済的にもアメリカは復活の道をたどっています。
  

プラチナはゴールド同様、価値が目減りしにくく、インフレにも強く、
インフレ時には現金と違い価値を増します。 


資産形成が容易にはかれます。 


しかも、時として、面倒な検定、成分分析が必要な金地金と違って、 
アメリカ財務局が保証しているため、いざという時の換金も容易に
行えます。

プラチナイーグルコインのデザインは、1997年から毎年発行され、表面に自由の女神の肖像、裏面のデザインは毎年変わります。

また、発行年度によっては、通常年度の3〜4倍の値段の物もあります。
 



プラチナコイン 投資の信頼できる長所の6項目 とは? 

1.   値上がりの期待度が高い
2.   換金性が高い
3.   持ち運びに便利
4.   少ない予算【数千円から】始めることが出来る
5.   維持費がゼロで税金がかからない
6.   優れたデザインは持っていて嬉しい(笑)

どうですか?メリットだらけです。

ウォーレンバフェットも、投資の基本は長期持つことと言っています。

つまり、価値のあるものを長く保有することが、世界一の投資家のバフェット流でもあるわけです。



プラチナコイン 投資の実践にあたっての
4つの注意点 とは? 


金貨投資の実践にあたって注意点しなければならない点があります。
 
1.   コインの買い方を間違えないこと?
 
これは、主に偽物を掴まないことが最重要です。
私のお勧めは、信頼できる店舗から購入することです。
最初は代引きなど、実際のコインを確かめましょう。

それと1/10オンスなど、少額のコインを買ってから単位を
増やすこともお勧めです。
 
2.   どんなコインを買うべきか?
 
これは、各国政府の保証がついたものです。
具体的に言えば、プラチナイーグル・メイプルリーフなどです。

それぞれ、アメリカ、カナダの保証がついています。

私のお勧めは、あくまでもコインであり、延べ棒ではありません。
いわゆるインゴットと呼ばれるものは、鑑定などに時間を要するためです。

小さな単位であれば、現金への交換も簡単に出来ます。

またイーグルであれば、発行年度により大きなプレミアムがつく可能性
があります。
  
3.   どの国のコインを買うべきか?
 
これは、発行年度により大きなプレミアムがつく可能性が高い
プラチナイーグルがお勧めです。

激レア年度を狙うのと、必ずMS70かPF(PR)70の最上級グレードを
狙ってください。

 
4.   どの程度の金額のコインを買うべきか
 
これは、人によって予算が違います。
5万円の人もいれば、50万円、500万円の人もいます。

定期的に積み立てのような感覚で購入するのがいいです。

1/10オンスよりも、1オンスの方がプラチナの重量に対しての価値は
割安です。
 

狙いは、激レア年度の最上級グレードです。
通常仕上げ MS70のPCGS社の基準価格表です。すべて米ドル。





プルーフ仕上げ PR70のPCGS社の基準価格表です。すべて米ドル。

店長よりお客様へ

こちらのプラチナイーグルは、アメリカ財務局の保証がついた安心して購入出来る、地金型のプラチナコインです。


サイトでたくさんの説明をしていますが、プラチナコイン投資は世界中で行われており、現在は世界的インフレ傾向により、かなり大きな上昇トレンドを形成しています。

プラチナイーグルコインは、プラチナ投資のスタートにふさわしい、美しいデザインであり、集めていく楽しみがあります。年度によりデザインが違うのと、発行枚数の少なさが特徴です。


お値段も非常に手頃である1/10オンスからあり、全部で4種類の価格があります。

コツコツとコインを増やし、プラチナに愛着を持って始めて頂けるよう自信をもってお勧め出来ます。


人はお金を集める行為に幸福を感じるように出来ています。


金貨やプラチナはとても美しく、太古から人間は金やプラチナを
集めていました。

それは、お札のような紙ではなく、明らかに価値があるものです。
(紙の紙幣は、各国が印刷しまくって価値を減らしている)

金やプラチナは、自分が手にした時に喜びを感じます。

第二に、資産としての価値があるということです。


人は様々なものを買いますが、買った後に価値を保ち続けたり、価値が
あがるものは本当に少ないです。

せっかくお金を使うなら、本当に価値があるものに使う。

これが、お金を増やしていく最大のコツです。

美しく、価値のあるものを貯めていく。現金よりも値上がりの可能性
が高い。
こんな投資は、きっと他には無いと思います。

ぜひ1枚、ご自分の手に取ってみてください。
愛着が湧いてくると思います。
 

このプラチナイーグルコインを特別価格でご提供いたします。 
 
  

 


プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り


Designer  John M. Mercanti/Thomas D. Rogers
99.95% プラチナ

直径 32.7ミリ 重量 31.12グラム


この2009-W年度は発行枚数 7,945枚です。


プラチナイーグル 100ドル 1オンス2009-W $100 Platinum Eagle PR70 DCAM PCGSファーストストライク DAVID HALLサイン入り


PR70ファーストストライク 基準価格3,100ドル 残存472枚

モイサイン入りPR70(ファーストストライクではない)
              基準価格5,030ドル 残存6枚

マーカンティサイン入りPR69(ファーストストライクではない)
              基準価格6,450ドル 残存1枚

デビッドホールサイン入りPR70ファーストストライク
              基準価格 なし、残存3枚

基準価格7,000ドルはありそうです。

モイもマーカンティーサイン入りも、ファーストストライクではないのに
上記基準価格がついています。マーカンティはしかも69グレードで6,450ドル
です。

コインは美しい鏡面仕上げのプルーフです。



初登場の一枚です。画像が現物コインです。
個別番号608696.70/15162600です。

最近チェックした商品

Copyright © アンティークコイン金貨専門のゴールドコイン All Rights Reserved.
このサイトに記載されている記事・写真・図表などの無断複製・無断転載を禁じます。